不動産担保ローンで審査が通らない主な理由

不動産担保ローンで審査が通らない主な理由

不動産担保ローンに限らず、あらゆるローンの審査については基準や判断材料が明らかにされていません。仮に審査に落ちたとしても、どの金融機関もその理由を教えてくれることはありません。そのため、推測でしかないのですが、これまでの多くの事例によって積み上げられた事例によって、審査落ちの理由がおおむね明らかになっています。

不動産担保ローンの審査に落ちる最大の理由として考えられるのが、申し込み者本人の信用状態です。過去に債務整理を行ったことがある人であれば、最長で10年間その記録が信用調査期間に残るので、いわゆるブラックリスト扱いとなって審査に通りません。一説によると10年を経過しても厳しく審査されることもあるそうです。

次に注目したいのが、申し込みをした時の情報と事実が異なる場合です。本人の信用状態や収入に関して審査に通りやすくしようとして虚偽の記載をしたり、また担保となる不動産についても事実と異なる記載をしてそれが発覚すると、ほぼ審査には通らなくなります。これは信用状態や不動産価値についてというより、「嘘をついた」という事実が懸念されているためです。

不動産担保ローンならではの審査落ちによくあるのが、その不動産がすでに別のローンで担保に入っている場合です。仮に担保に入っていても余剰価値といってまだ次のローンで担保に出来る価値が残っていれば問題ありませんが、余剰価値があると評価されなかった場合は審査に通りません。