不動産担保ローンとは

不動産担保ローン


多額のお金を借りたい時に何より便利なローンが、不動産担保ローンとなります。

通常のフリーローンなどでは、融資額が不動産担保ローンに比べ無担保ローンによって低く設定されている事が多い為、実際に大口融資の借入をしたい人にとっては大変不向きなローンかもしれません。しかし、不動産担保ローンを利用すれば、お持ちの不動産を担保にしてフリーローンでは到底、借りる事が出来ないような金額を借入する事が可能となります。

業者によっては信用情報に問題があるような人であっても、不動産の価値を重視した審査基準でお金を貸してくれる所もあります。無担保ローンと比較しても、金利が明らかに低金利だという事がわかると思いますよ。金利が安くなればなる程総返済額を減額出来る為、低金利で利用出来る不動産担保ローンであれば無担保ローンよりも金利面においてもおすすめです。

更に、不動産担保ローンであれば大口融資が可能となるので、無担保ローンのカードローンによるキャッシングに比べて、借入限度額が高く設定されるというメリットがあり、大口資金が必要な時には大変力を発揮してくれる有力なローンと言っても良いでしょう。

複数の多額の借金でも、不動産担保ローンによるおまとめローンを利用する事で解決出来るという方法もあります。ただし、マイナス面もあって、お金を借りたい時に借りたり返済出来るATM24時間キャッシングとは違って、小口融資を何度も出来ない点や返済が果たせない場合などは、担保にした不動産を売却されるといった点。他にも、不動産担保ローン契約時には事務手数料、不動産鑑定費用、印紙代、抵当権設定の登記費用など諸費用が実費でかかるデメリットなどがあります。

とは言っても、低金利で多額の融資が受けられると思えば、実に利用価値の高い金融商品である事も事実だと思います。主に不動産担保ローンは銀行、消費者金融、信販系などで扱われている金融商品となっておりますが、不動産担保ローン専用の業者なども存在しておりまして、大手金融機関の審査で通らないような人であってもしっかり査定してくれる所もあるのです。

不動産担保ローンの嬉しい所としましては、本人名義以外の不動産を担保に設定する事を許可している業者も多いので、ご自身が不動産を所有されていないような場合であっても、知人や身内の不動産を担保にしてお金を借りるという事も場合によっては可能となるようです。

したがって、大きい金額を近々借入したいと思われている方でしたら、カードローンよりも不動産担保ローンという事になると思います。

不動産担保ローンとは


いわゆる、消費者金融などでお金を借りる場合は、無担保で保証人も不要です。その人が持つ信用の範囲(与信といいます)で審査されているのに対して、所有している不動産を担保にすることでお金を借りることを不動産担保ローンと言います。

不動産という担保があるので、不動産の価値に見合った金額を借りることが出来るようになります。メリットとしては、無担保ローンよりも融資枠が大きくなるので、まとまった金額を借りたい時に有効であることや、担保があるので金利が安いことが挙げられます。

近年では、消費者金融や銀行、ノンバンクなどさまざまな業者が参入をしていて競争も激しくなってきているので、金利など融資の条件は以前よりかなり良くなっています。お金の入り用がある人で担保に出来そうな不動産を所有している人であれば、無担保ローンよりも不動産担保ローンを利用した方が圧倒的にお得です。

住宅ローンと何が違うのかという疑問を持つ人がとても多いのですが、住宅ローンは不動産の購入を目的としたローンで、不動産担保ローンはすでに所有している不動産を担保にした融資です。つまり、住宅ローンは不動産の購入に用途が限定されているのに対し、不動産担保ローンは借りたお金を何に使っても自由という点に大きな違いがあります。

中には、事業性資金に使えるローン商品もあるので、まとまったお金の入り用という事情がある人にとってはとても心強い金融サービスなのです。