不動産担保ローンのデメリットはある?

不動産担保ローンのデメリットはある?

不動産担保ローンのデメリットは、返済できなければ不動産は差し押さえになるとこです。これは不動産が担保されているのですから、当然です。

また、不動産担保ローンで借りることのできる金額は不動産評価額の6割から7割といったところです。法務局などが評価額を算定して関連する書類を作成してくれるのですが、それを銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者に提出します。評価額が仮に1000万円だったとします。そうなると、銀行や消費者金融会社から借入れできる金額は多くても700万円程度です。

仮に、不動産担保ローンを借りて返済不能になった場合は、不動産が差し押さえになってしまい、自分の物ではなくなってしまいます。そうなると、不動産を評価額の7割で手放したことになるのです。これは、かなりの損失と言えるでしょう。

不動産担保ローンでは、楽天銀行や、東京スター銀行、オリックス銀行、さらには住信SBIネット銀行などが積極的に融資をしてくれます。融資会社としては、大手消費者金融会社の他に中小消費者金融会社なども融資を行ってくれます。それでも、借りやすさと金利の低さを考えると銀行の不動産担保ローンを活用するのが一番良いでしょう。実質年率は銀行の不動産担保ローンが一番低いです。

また、不動産担保ローンの審査は厳しくなく、お金を借りやすいといいましたが、誰にでも不動産があれば貸すというわけではありません。やはり、不渡りになるリスクというのがありますし、不動産が担保されるということで、自己資金が脅かされるわけでもありません。しかし、返済不能となると、簡易裁判ということになって、そういった手続きに時間がかかります。裁判の中では借り手側よりも貸す側のほうが立場が断然高いです。

ですが、裁判となると一つ一つの項目を検証していかなければなりません。ですから、担保があって貸し倒れのリスクはないといっても、裁判にかかる経費などかなりの費用が必要になるというのも忘れてはいけません。

借りる方のリスクというかデメリットは、返済不能になると不動産を差し押さえられることです。これはある程度覚悟をして、不動産担保ローンを利用しているわけですから、仕方がありません。もっとも、評価額の7割程度で手放さなくてはいけなくなるのですから、損失はかなり大きいです。

そして、多少でも返済した金額もありますから、それも戻ってきません。不動産担保ローンは返済不能となると、債務者にとってはかなりの損失となるのがわかりますね。