不動産担保ローン即日融資

不動産担保ローンの即日融資はこの様なポイントで見つけよう

不動産担保ローンは担保となる不動産への審査がありますので、審査に時間を要するイメージがあると思います。不動産担保ローンの即日融資は審査の時間が限られておりますが、本当に素早い審査の中で確実な審査となっているのでしょうか。

即日融資可能な不動産担保ローンの審査や選ぶべきポイントなどについて、まとめてみました。

不動産担保ローンを専門にしている金融機関であれば安心

即日融資可能な不動産担保ローンは、不動産担保ローンを専門に扱っている金融機関であれば不動産の審査に慣れておりますので、数時間で審査が可能となります。即日融資という短い期限の中で現地調査をしっかり行い、綿密な調査の中で確実な結果を出して審査とします。独自のネットワークがございますので、スピーディーであっても情報は正確となります。

不動産担保ローンのスピーディーな審査はノンバンク系

不動産担保ローンの不動産の審査にスピーディーなのは、ノンバンク系の金融機関です。
銀行の不動産担保ローンの審査の定義とは全く違うので、独自の進め方によりスピーディー且つ正確な審査内容にて、お客様の不動産の価値を算定する事ができます。

中でも、不動産担保ローンを専門に取り使っている中堅クラスのノンバンク系は、不動産担保ローンに対し特化しております。独自のノウハウを多く持っておりますので、素早い正確な審査での即日融資へとつなげる事ができます。

金利が低い即日融資の不動産担保ローンを見つけよう

即日融資の不動産担保ローンですので、当然借り入れ条件は悪い場合が大半です。
即日融資可能な不動産担保ローンの中でも、金利が低い即日融資の不動産担保ローンを見つける事が大変重要となります。

即日融資で不動産担保ローンをご利用しようと思うと、焦って金融機関を決定してしまう方も少なくありません。しかし、ほとんどの即日融資の不動産担保ローンは上限金利が高いのが難点であり、支払い送金額が大きく膨れ上がってしまうのが難点となります。

焦って早く金融機関を決めたい気持ちはわかりますが、支払い金額を少しでも少なくする為に、少しでも金利が低い即日融資の不動産担保ローンとするようにしましょう。
その為には、数多くの即日融資可能な不動産担保ローンを比較する事が大事となります。

融資額は理想の金額と似合っているのかを確認

即日融資の不動産担保ローンの場合は、融資額が少ない場合があります。
また、不動産担保物件の評価額に対する掛率が低い場合もありますので、慎重に検討して選ぶべきポイントとなります。

不動産の掛け率を比較する為にも、数社の金融機関にお申し込みをしてみると良いでしょう。
即日融資という好条件であっても、不動産に対する掛率が低く損をしてしまう事も少なくありません。

諸経費の高さをチェックしよう

不動産担保ローンの即日融資の場合は、諸経費が高い場合があります。
契約金や違約金、繰り上げ返済の際の手数料など、即日融資という好条件を見せかけて膨大な手数料を取る金融機関も多くあります。手数料に関しては金融機関により様々ですので、出来ればお安い手数料の金融機関の不動産担保ローンを選ぶようにしなければいけません。

本当に即日融資となるのか口コミをチェックしよう

不動産担保ローンは担保となる不動産の審査がありますので、審査には時間を要します。
その為、即日融資とうたっておきながら、実際は即日融資とならない不動産担保ローンも多く存在します。即日融資でお金が必要なのに、これでは大失敗となってしまいます。

確実に即日融資となるのかを確認する為には、その不動産担保ローンをご利用された方の口コミを確認するようにしましょう。実際にご利用した方の声は確実です。即日融資となったと記載があれば、間違いなく即日融資へと導く事が可能となります。

登録貸金業者なのか確認しよう

即日融資の不動産担保ローンの場合、悪徳業者が混じっている場合があります。
その為、即日融資の不動産担保ローンをご検討の際は、貸金業の登録認可の番号を確認するようにしましょう。

貸金業の登録認可番号は、金融機関のホームページに必ず記載されております。
〇〇県知事登録(県の部分は都道府県により都や道、府の場合あり)
(3)第12345号等と掲載されております。

登録番号の前に記載がある(3)とは、更新回数の数字です。貸金業の登録は3年ごとに更新しなければいけなく、この数字が多ければ多い程、長く貸金業を行っている証拠となります。

(3)は、6~9年ほどの業務年数が経っている証拠となります。
1つ注意すべきポイントは、嘘の登録番号を掲載している悪徳業者も多く存在する事です。
その為、名前も知らないような金融機関の場合は、金融庁のホームページに記載ある「登録貸金業者情報検索サービス」を使いましょう。一度、登録番号を検索してみる事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。
即日融資で不動産担保ローンを探すとなると、焦って決めてしまう方も少なくありません。綿密に検討をしましょう。そして、ベストな内容の即日融資の不動産担保ローンをご利用するようにしましょう。

即日融資の不動産担保ローンご利用の際に目を向けるべき審査の項目

不動産担保ローンを即日融資で受けたくても、審査項目に該当していなければ審査は通りません。
審査項目に該当するよう、事前に不動産担保ローンの審査項目に目を向けてみましょう。
不動産担保ローンの審査項目について、詳しくご紹介致します。

担保とする不動産に価値があるのか

不動産担保ローンは、不動産を担保としてローンを受けます。
その為、担保とする不動産に十分な価値が無いと審査は通りません。
担保として重要な価値がある不動産であれば、個人の返済能力に問題があっても審査が通りやすくなります。その為、担保とする不動産の価値というのは、とても重要となります。

担保となる不動産の価値は、現在の不動産の価値や流動性により評価がされます。
高く売れる不動産なのか売りやすい不動産なのか、この2つのポイントに大きく反映している不動産であれば、その価値は高く評価されます。

公示地価、基準地価、路線価に対し評価が高い物件が、不動産担保の場合高い評価ポイントとなります。
その場合、審査にも通りやすくなり融資限度額も上がり、希望する融資金額を受けやすい状態へと導く事ができます。

建築物として明らかに評価が低い物件では、低い担保評価としかなりません。
評価の高い不動産を担保とし、スムーズな審査とする事で即日融資につなげやすくなります。

ご自身の他社からの借り入れ状況

不動産担保ローンは不動産の担保が評価の対象となりますが、借入れをするご自身の他社からの借り入れ状態も審査の対象となります。他社からの借り入れが多い場合や返済遅延が多い場合は、審査が通りにくくなってしまい、即日融資とならない場合があります。

また、即日融資としたいがために、他社からの借り入れ状態に対し嘘をついてしまう方もいらっしゃいます。個人信用情報等の問い合わせをして確認をするので、いくら嘘をついても他社ご利用を申請してもバレてしまいます。

虚偽の申請をした場合は審査が通らなくなり、嘘をついたという事が情報機関に記録されてしまいます。
当然、他社の借り入れの審査も通りにくくなってしまいます。
多少他社からの借り入れが多くても、正直な内容を申請する事が望ましいといえます。

税金の未納や滞納があるのか

税金の未納や滞納をしている場合は借入れをしても、きちんと返済出来ない人と断定されてしまいますので、審査は通りません。不動産担保ローンの即日融資を受けたい場合は、事前に未納の税金を全て支払う事で審査が通りやすくなる傾向があります。

収入と借入金額の割合が良くない

収入に対し現在の借入額が多い場合は、審査が通りません。
年間の返済金額を年数で割った数字が返済負担率であり、返済負担率が35%を超えると審査に通りません。

現在の職場に対する勤続年数

基本的に、勤続年数が短い方は支払い能力が低いと判断されてしまい、審査に通りません。
金融機関によりますが、2年以上の勤続年数があれば審査が通ると言われております。
中には半年や1年の金属年数でもOKな金融機関もございますので、チェックしてみると良いでしょう。

入社して間もない方は、ご自分の勤続年数に似合った金融機関の不動産担保ローンをご利用する事をオススメします。また、法人の場合は、起業して間もない場合は審査が通りにくい傾向があります。

法人の場合は決済内容も審査の対象

法人の場合は赤字決済や債務超過の内容も影響し、ひどい場合は審査が通らない場合があります。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンの審査は、不動産の審査以外は一般的な無担保ローンと審査の内容は同じです。中でも、担保となる不動産の価値と税金未納は審査に大きく左右しますので、この2つは、万全な状態としておく事がとても大事となります。この2つの状態がしっかりしていれば、その他の項目に対しては柔軟な対応になる場合もございます。
即日融資で不動産担保ローンを受けたい場合は、これらのポイントに抜かりない状態にしておく事が最低の条件となります。確実に即日融資となるよう、最善の注意を払ってお申し込みをしましょう。

不動産担保ローンを即日融資する場合に把握してほしいお申し込みの流れ

不動産担保ローンを即日融資として受ける為には、お申し込みの流れを把握しましょう。
即日融資という好条件ゆえに、一つでもお申し込みの内容を間違ってはいけないからです。
お申し込みの流れを把握しておく事で、確実な即日融資とする事が可能となります。
不動産担保ローンのお申し込みから融資までの流れを、わかりやすくご紹介致します。

担保とする不動産を見つける

まずは、担保とする不動産を検討します。
価値が高い不動産を担保とする事で、審査が通りやすく融資額も大きくする事が出来ます。

お申し込み

金融機関のホームページのお申込み欄、若しくはお電話やFAX、直接来店する事でお申し込みを行います。不動産担保ローンのお申し込みは、このような内容を記載します。

  • お名前
  • お電話番号(ご自宅の電話番号や携帯番号、職場の電話番号)
  • 年齢
  • 性別
  • ご自宅の住所
  • 担保とする不動産物件の住所
  • 担保とする不動産物件の情報(土地面積、物件の種類、担保不動産物件の他社からの借り入れ状態など)
  • 借り入れ目的
  • 借入希望金額
  • 金融機関によっては、借申込みと本申込みに分かれている場合もあります。

    審査

    不動産物件の登記簿謄本の確認や不動産の価値の鑑定、個人情報の照会により審査を行います。
    銀行系は時間数週間から1か月程かかりますが、ノンバンクの場合は即日~1週間程度の期間で済みます。

    審査の結果報告

    審査の結果報告は、審査が通った場合のみ報告される金融機関もございます。
    報告が無い場合は審査が通らなかった可能性もございますので、気になる方は問い合わせてみると良いでしょう。

    契約

    審査が通ったら、契約となります。
    金銭消費貸借契約書を交わし、融資の契約となります。
    金銭消費貸借契約書は重要な事が記載されておりますので、細かくチェックするようにしましょう。
    この時、連帯保証人が必要な場合は、一緒に参列してもらわないといけません。

    抵当権の設定

    担保とした不動産に対し、抵当権の設定を行います。不動産担保ローンの金融機関側から用意された司法書士により行い、抵当権、根抵当権の設定を行います。

    融資実行

    担保となる不動産により決まった融資金額を、指定した金融機関の口座に振り込まれます。
    この場合、手数料が引かれた金額の振り込みとなります。

    即日融資の不動産担保ローンの場合、これらの一連の流れを数時間で行います。
    その為、不具合が生じてしまうと滞ってしまいますので、即日融資とならない場合もあります。
    即日融資とする為には、スムーズに審査が通るように、ご自身がきちんと対応しなければいけません。

    書類の不備や担保とする不動産の価値等、これらは十分に審査に通る状態にしておく事が鉄則となります。スムーズな借り入れへと導く為には、これらの審査の流れに対する疑問をクリアにし、万全な状態にて臨むようにしましょう。

    不動産担保ローンを即日融資とする為に用意しておくべき必要書類

    即日融資が可能な不動産担保ローンでも、必要書類が不足しているようでは即日融資とする事が出来ません。確実な即日融資とする為には、必要書類は全て事前にしっかり用意するようにしましょう。

    不動産担保ローンは一般的なローンとは違い、特殊な書類等多くの書類が必要となります。
    中には見慣れていない書類も多くあり、用意に時間がかかる書類もございます。
    即日融資をする為には、あらかじめ必要書類を全部そろえておく事が鉄則です。
    不動産担保ローンで提出を求められる書類を、くわしくご紹介致します。

    個人の場合

  • 本人確認書類
  • 本人確認書類は、運転免許証を最優先の本人確認書類としている金融機関が大半です。
    運転免許証をお持ちではない方は、健康保険証やパスポート、在留カード、公的証明書類、個人番号カード、住民基本台帳カードのどれかが必要となります。

  • 収入証明書
  • 源泉徴収票、給与明細書、確定申告書のうちのどれかが必要となります。

    法人の場合

    本人確認書類、代表者の本人確認書類が必要となります。

    運転免許証、健康保険証、パスポート、在留カード、公的証明書類、
    個人番号カード、住民基本台帳カードのどれかが必要となります。

  • 収入証明書
  • 決算書、確定申告書

  • 法人確認書類
  • (法人)会社・法人の登記簿謄本

    個人法人どちらの場合でも必要な書類

  • 不動産担保物件の関係書類
  • 物件案内図(住宅地図、公図)、登記事項証明書、公図、地積測量図、建物図面、名寄せ台帳、固定資産評価証明書など。これらの書類は取得に時間がかかる場合がありますので、事前に調べて期日まで必ず揃えるようにしなければいけません。

    そのほか、金融機関により必要となる場合がある書類

  • 納税証明書
  • 担保とした不動産のローンの残高を証明できる書類(残高証明書、返済計画表など)
  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票
  • いかがでしたでしょうか。
    不動産担保ローンに必要な書類は、一般的なローンよりも大変多くあります。中にはすぐに手に入らない書類もありますので、前もって計画的にそろえておかないといけません。即日融資で不動産担保ローンを受けたい場合は、計画的に書類をそろえておく事がとても大事となります。
    不動産担保ローンの必要書類は、金融機関によりマチマチです。その為、お申し込みの際は金融機関のホームページで必要書類の内容をきちんと把握するようにしましょう。わからない場合は、金融機関にお問い合わせをする事で柔軟な対応へと導く事ができます。

    不動産担保ローンを即日融資とする為の不動産担保のポイント

    不動産担保ローンを即日融資で受ける為には、担保とする不動産がとても重要となります。
    担保とする不動産が優れていなければ、審査に通らなかったり、低い評価額となってしまう事があります。

    スムーズに担保評価をしてもらう為には、審査に通る担保としなければいけません。
    担保とする不動産に対しては不明解に思えている方も多く、不安に思っている方もいらっしゃいます。
    そこで、不動産担保ローンの担保不動産についての疑問を、ピックアップしてみました。

    建物は普通に住める程度であれば担保とする事が出来る

    建物を担保にする際の定義ですが、わかりやすく言うと問題なく住める物件であれば担保とする事が出来ます。明らかに修理しないと住むことが出来ない物件では、担保物件としての評価は下がってしまいます。建物は、古ければ古い程担保としての評価価値が下がってしまいます。

    不便なく行き来出来る不動産であれば担保とする事が出来る

    担保とする不動産の立地条件ですが、問題なく行き来出来る立地条件であれば担保として設定する事ができます。きちんと住所が付いているような場所であれば全く問題ありませんが、問題は山奥やへき地などの行き来する事に不便な場所です。そのような場所は売買価値が低くなってしまいますので、担保としての評価も低くなってしまいます。

    住宅ローンを支払っている建物でも担保とする事が出来るのか

    ローンの支払い中の不動産を担保物件とする事は、抵当権第2位という扱いとなり抵当権第2位の担保条件は、可能な金融機関と不可能な金融機関がございます。
    可能な金融機関も多くございますので、金融機関のホームページをチェックしてみると良いでしょう。

    借地権付き戸建てでも担保とする事が出来るのか

    敷地を借りて建物を建てている借地権付き戸建ては、敷地が第三者の持ち分となっておりますので、担保とする事が出来ません。ただし、借りている敷地を買い取る為の資金運用。その為の、不動産担保ローンをご利用する場合は、担保と出来る場合もあります。

    第三者に貸している物件を担保物件とする事が出来るのか

    他人に貸与している不動産は、条件によって担保物件と出来るか否かがあります。
    金融機関により考え方はマチマチですので、金融機関にご相談をしてみると良いでしょう。

    不動産担保の審査に柔軟なのはノンバンク系

    担保とする不動産の対する審査に柔軟なのは、ノンバンク系です。
    銀行系は審査の基準が大変厳しいので、少しでも難がある不動産担保物件の場合は、審査に通りにくい傾向があります。

    その点ノンバンク系は視点が柔軟であるゆえに、銀行系で通らなかった不動産担保の審査も通る確率が高くなります。銀行系の不動産担保ローンに落ちてしまった方は、ノンバンク系の不動産担保ローンをご利用される事をオススメします。

    いかがでしたでしょうか。
    不動産担保ローンの担保と出来る不動産というのは、このような考え方で選んでいくと失敗のない担保とする事が出来ます。担保とする不動産につまずいてしまうと、即日融資とならない場合があります。間違いのない即日融資へと導く為に、きちんと評価してもらえる不動産担保を設定するようにしましょう。