不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローン 即日融資

2018年06月08日 14時18分

  1. 不動産担保ローンのメリットデメリット
  2. 東京スター銀行の不動産担保ローン
  3. 利用目的が問われない不動産担保ローン
  4. 専門業者が良い理由
  5. 即日融資の不動産担保ローンをしたいのであれば
 

不動産担保ローンのメリットデメリット

不動産担保ローンは、お持ちの不動産を担保にして借入をすることです。
大手消費者金融のキャッシング、銀行カードローンなどは無担保ローンですから、本質的に違いがあります。
そして、メリットとしては、
 
  • 金利が低い
  • 返済期間が長い
  • 限度額が大きい(担保によって)
  • 事業資金にできる

などです。
お金を借りることにかんしては、担保がある分金融機関にしてもリスクが減ります。
その分、貸付に余裕ができるといえるでしょう。
不動産担保ローン専門業者ばかりではなく、銀行などでも取扱をしている商品です。

担保の有無は金利のメリットは大きいですが、デメリットとしては、費用が余計にかかることです。
担保があることによって、登記費用などの事務手数料が発生します。
申込者の身分だけではなく、不動産の内容を確認した上で、法律に則った手続きなどが必要になります。
この諸費用に関しては、金利とは別にかかるものですから、契約の最初と最後には、事務手数料が発生するのは仕方のないことです。

その手続きなどで時間がかかる事もありますが、不動産担保ローンの場合、どうやって貸付金を算定するのかなどは各金融機関によって変わります。その点においても、無担保ローンにはないことが起きます。
よって、A会社とB会社では、貸付金額に差が出る事も多いとされています。

金利は全般に低いですが、多額になればなるほど低くなるのは、無担保ローンと同じ仕組みです。
審査過程もそれぞれで、即日融資ができるところが少ないのも、デメリットの一つです。
 
▲メニューに戻る
 
 

東京スター銀行の不動産担保ローン

銀行の不動産担保ローンも最近では多く目にするようになりました。各銀行で共通していることは、即日融資ではないことです。審査に時間がかかることで、専門業者のようにすぐに資金調達はできないことが多いです。しかし、最大のメリットは、低金利で返済が安心なことです。

中でもお勧めなのが東京スター銀行の不動産担保ローンです。もともとリバースモーゲージなどの不動産関係のローンを得意とするネット銀行ですが、WEB完結での申込と、審査を受けることができます。

最高限度額は1億円で、いくつか選べる金利と、繰上返済完全無料がメリットです。
デメリットとして挙げられる諸費用ですが、金額にもよりますが20万円ほどかかります。

即日融資を考えていない方の場合、銀行での不動産担保ローンでは一番人気とされています。
審査は、属性によって時間のかかり方と金利幅が変わります。
不動産担保ローンの目的が、多重債務のまとめローンの場合は、1つでも少なくすることがお勧めです。
収入に関しては高ければ高いほど良いのですが、安定した正会社員の方が属性は良いです。

低金利とは言え、長い返済期間の設定になることが多いです。
かかる手数料も考慮し、総返済額は必ず確認してください。
ただ、繰上返済は無料ということですから、この点は大いにお勧めできることです。
少しでもためておいて、後で一気に完済を目指すことで、総返済額の大きな減額を見込むことが出来ることでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
 

利用目的が問われない不動産担保ローン

不動産担保ローンは利用目的を問わないことが多いです。
無担保ローンのカードローンの場合、事業資金の運用に使えないことが多いのですが、ビジネスローンなどを組むのではなく資金調達をしたいときには、不動産担保ローンの利用がおすすめです。最初の手続きなどで出費は大きいですが、低金利の不動産担保ローンを利用することで、事業資金の捻出も可能です。

ビジネスローンとの審査の比較では、担保がある分甘くなることが多く、特に不動産の評価額よりも低い資金のローンなどの場合、金融機関としても、貸付しやすいといえます。

不動産担保ローンの多くが、所有者だけではなく、同意があれば他人の不動産でも対応できるなど、柔軟な資金調達手段の一つだとされています。多額の融資ができることから、自業者向けのローンとして、リスクの少ない個人向けローンとしての使い勝手も大きいです。

保証人は原則不要ですが、本人以外の不動産担保ローンの場合だけ連帯保証人になることがあります。
他人ではなく親の不動産などでローンを組むこともあります。
最近良く耳にするのは、親の介護資金調達のための不動産担保ローンです。
高い施設料と今後予想される固定資産税、相続のための資金作りの一つとして、不動産担保ローンを利用する方も多いです。

自分で捻出できない資金を、親の財産でローンの形で資金を作る方法です。
ゆくゆくは、親の不動産そのものも片付けなければならないのは同意の元ですが、親の生命がある限り、不動産担保ローンの形にしてその後売却を考えている方もいます。この場合の不動産担保ローンの使い方としては、将来の展望も踏まえた資金作りを相談されることをお勧めします。
 
▲メニューに戻る
 
 

専門業者が良い理由

不動産担保ローンを即日融資で受けたい方は、専門業者の依頼がお勧めです。
特に長い歴史のある業者では、最短で即日融資、長くても1週間程度の融資が完了することも珍しくないです。
銀行では対応できないスピードですが、即日資金調達をしたい方には、専門業者の存在は大きいです。

不動産担保ローンの審査規準では、担保価値の大きさと希望借入金のバランスが最も重要です。そして、最初から収入がない方については、審査対象にもなりません。
あくまでも返済能力があることが重要視されるのです。
返済ができないのであれば、不動産担保ローンではなく不動産売却になります。

専門業者で言われる審査で、抵当権の順位があります。
それが何番でも良い、というところが審査が甘いとされています。
例えば、その不動産はローンが残っていたり、別の不動産担保ローンを組んでいることもありますが、そのような不動産でも担保とできるできないの規準が、大きなポイントです。ローンがない不動産なら良いのですが、どうしても第2抵当権になってしまうことで審査落ちなってしまう場合もあります。

この時の利息の差などはあまりないのも特徴です。
ただし、不動産担保ローンは、無担保ローンと違い返済期間が10年以上の場合がほとんどです。
その時の1%以上の金利差は、後々大変な負担の違いが生まれます。
即日融資でなければ、あちこちの不動産担保ローンの比較をしてから申込をすることをお勧めします。
借入金の額も大切ですが、金利が少しでも安い事も重要視することが大切です。
 
▲メニューに戻る
 

 

即日融資の不動産担保ローンをしたいのであれば

即日融資の不動産担保ローンは専門業者でも難しいことがあります。それは、無担保ローンにはない手続きが存在することです。

消費者金融のように簡単に融資ではなく、不動産の内容を見て、抵当権などの手続きを踏んでから契約に至る場合、即金はできないことも多いです。
ですから、午前の申込で、午後入金という不動産担保ローン専門業者はスピーディ対応ということになります。

事業資金などの場合、急を要することもありますが、なかなか即日融資ができないと困っている自業者も多いですが、それでも相談をしてみる価値はあります。

それぞれ不動産担保ローン専門業者はいろいろな顔を持っていて、紹介屋としての存在で資金の橋渡しをしているところもあります。一見危なっかしいことですが、不動産担保ローンは紹介屋と似ています。
資金調達の業者が確かなところであれば、申込をした時に、資金調達の金融業者の紹介も一つの手でしょう。
ただし、間に貸金業者が入ることで、融資内容が複雑になることもありますから、ここは気をつけましょう。

ホームページなどでは、不動産担保ローンは基本的に低金利の商品とされています。
しかし、即日融資などの条件が付くことで、多少の金利が代わってしても、資金調達ができるのなら、それも考えものです。高い金利と言っても、無担保ローンと比較をしては低いことがあります。

あるクチコミでは、各社の不動産担保ローンで、肝心の事務手数料などの明記がはっきりしていないことが多い事に指摘がありました。これは不動産価値などで大きく変わるのですが、時には鑑定士や司法書士が入らなければならない場合があり、かかる費用が不明だというのです。
言い換えれば、ホームページに明記しない分、どれだけかかるのか?と思ってしまうことになります。

ですから、紹介屋の存在にしても不明とされる部分の一つとして挙げられます。
こちらとしてみれば、納得いく金利であり、即日融資が叶えば良いのですが、多かれ少なかれ、紹介屋としての顔を持つ専門業者は多いです。
 
▲メニューに戻る