不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

審査が甘い理由 不動産を失うリスク

2018年03月28日 15時34分

不動産担保ローンの審査は、
キャッシングやフリーローンとは、内容が少し変わります。

無担保のキャッシングでは、
あくまでも申込者の返済能力に頼るだけですが、
不動産という担保がある分だけ、審査が甘くなる傾向にあります。
 

事業資金の調達法

不動産担保ローンやファクタリングとは、
会社にとっては、運転資金の調達方法として一般的です。

個人事業主なども、いざ資金が少ないというとき、
事業者ローンと、不動産担保ローンの金利の違いに、
驚くことがあります。

不動産担保ローンの方が低いですし、審査も甘いのです。

銀行になると、いろいろと面倒な手続きが必要になります。
しかし、それでも金利はぐっと低いのです。

融資額が大きいほど、金利は低いのですが、
事業展開で必要な資金を、不動産担保ローンでというのは、
中小企業などでは、よく行なわれています。

銀行との根抵当権として、
継続的な資金提供をしている場合もあります。
 

基準金利の低さと審査の甘さ

金融業者としても、信用ができない方への借入はしないです。
少なくとも会社なら事業計画、
個人なら、返済能力がある収入がなければならないです。

ただし、赤字決算、金融事故がある方も、
受け入れる不動産担保ローン専用業者も、あります。

ご相談くださいという形にはなりますが、
他の金融業者で、不動産担保ローンが断られたとしても、
ブラック審査通過のところは、多いです。

これは、担保の存在が大きいのですが、
もしブラックだとしても、返済期間を最初から長くしたり、
担保に対する貸付の割合を下げることで、
効率的な、返済ができるからです。

長い金融業者との付き合いで、
不動産担保ローンの場合は、うまくコントロールができます。

キャッシングなどが長くても、3年程度の返済期間の設定ですが、
不動産担保ローンでは、10年程度の長期間の借入が可能です。
 

結果的は損もあるけれど

ブラック、赤字経営の資金繰りに関しては、
少しくらいの金利の高さは、仕方ないという状況です。

どうしても、
ブラック対応の不動産担保ローンの場合、金利が高めです。
それでも資金が、現金が手に入る事実は大きいです。

また、返済期間が長くなれば、月々の負担は小さくても、
総返済額は、大きくなってしまうことがあります。
 

検討時間を持つこと

事業者では、ビジネスローンと不動産担保ローンのどちらかで、
資金調達保する場合、不動産担保ローンの低い、基準金利が魅力です。

抵当権の問題や、
事務手数料などはありますが、全体の金利は低いです。

個人でも同様で、ブラックでどこからも借りられない、
それでもお金が必要なら、不動産が大きな宝となります。

長期返済ですが、それによって個人信用情報がキレイになる。
金融事故がなくなることは、大きなメリットです。

ただし、長期に渡る返済ができないとなった瞬間に、
不動産を失う事態も、あります。

事業者も同様ですが、リスクとの背中合わせですが、
キャッシングとは違い、返済しているのは、抵当権の取り返しであり、
もう返済ができないから、不動産を失ってもイイや、
という判断もありです。

その時には、債務整理ではなく、
自分の不動産がなくなって、貧乏になってしまう。

しかし、個人信用情報の内容はブラックではないのです。

財産を失うだけで、大きな金融事故にならないことは確かですが、
ここはよく検討して、計画的な、
不動産担保ローンの利用を、オススメします。

審査の甘いところでは、良い話しの勧誘なども多いようです。