不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

ブラック大王の不動産担保ローン業者

2018年03月28日 15時34分

ブラックOK、ブラック大王の、
不動産担保ローンの紹介を、目にします。

大企業が多いのが特徴ですが、
不動産業が本業で、金貸しという所もあります。

消費者金融などで、大手消費者金融などはブラックはNGで、
ブラックでも借りられるところは、
中小消費者金融とされていますが、不動産担保ローンは違います。

どこも大きな会社であり、
事業資金などで大口資金提供、大口融資にも対応しています。
 

銀行融資NGのお助けマン

もともと不動産担保ローンの多くは事業資金、
運転資金として、数億の融資を対象にしていました。

個人では最近になって、
不動産担保ローンの利用が、一般的になっています。

特に債務整理ではなく、多重債務などを、
不動産担保ローンで基準金利が低いので、負担のない返済でも、
個人信用情報の金融事故払拭などが、できる便利な方法です。

保証会社の保証もなく、
あくまでも、不動産担保の価値でキャッシングができる。

高い価値であれば、資金提供ができること、
その審査では、あまりうるさくないのが特徴です。
 

担保価値の半分程度の融資

1000万円の不動産価値がある物件では、
多くて7割、少なくて5割程度の、
不動産担保ローンを組むことになります。

1000万円そのままの融資を、受けることはできないのですが、
そのときに、個人信用情報などの内容も精査します。

返済能力が高いのなら、限度額は引き上げ、
反対に低いのなら、引き下げという調節をします。

保証会社としては、返済ができる範囲内が審査OKとします。
それで、だいたい半分程度のローンになると思ってください。

市場評価とは別に、金融機関独自の評価で、
評価そのものが、下がることもあります。

これは、不動産担保ローンで、それぞれ融資額が違います。
基準金利も違うので、比較をしてみると良いでしょう。

すぐに資金がほしいのではない場合は、
金利が低いとか、融資率が高い、評価額が高いなどの条件を、
確認されることをオススメします。
 

ネームバリューのある不動産担保ローン業者がオススメ

不動産担保ローンに関しては、必ず名前が知られている所、
地元なら誰でも知っている所の、申し込みが良いです。

良い条件で、ホームページなどで公開していたとしても、
そこが違法性のある取引きですと、まるまる損をしてしまいます。

不動産担保ローンの場合、インターネットでは、
日宝、つばさコーポレーション、
総合マネージメントサービス、DTSインベストメントなどが知られています。

ブラック対応の審査の、甘い不動産担保ローンですが、
審査落ちになることもあります。

また、不動産担保の価値が低いことで、借りられないこともあります。

スピード審査ができますので、
申し込みだけをして、査定してもらうのもありです。

普通のカードキャッシングとは違い、
金融業者としても、対応は柔軟です。