不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローンとは?甘い審査は大丈夫?

2018年03月28日 15時35分

不動産担保ローンは、
不動産を担保にして、融資を受ける金融商品です。

金融機関としては、銀行、消費者金融、
不動産担保ローン専用業者なのですが、
事業のためだけではなく、個人も借りることができます。

事業のための金融商品とされるのは、
不動産担保ローンの場合、借入金が大きくなることで、
事業資金調達目的の、借り方が多いからです。
 

審査の存在

お金を借りるためのローンは、必ず審査が存在します。

キャッシングと同じで、銀行ほど審査は厳しく、金利は低いです。

審査基準に関しては、キャッシングよりは、
低いとされていますが、他社借入や返済状況によって決まります。

また、カードローンのように総量規制とか、
年収に対する限度額が決まるのではなく、
不動産の価値が、大きなポイントになります。

評価額とは別に、金融機関で定める評価額と、
それに対する借入可能額が算出されますが、
返済能力が、審査のポイントです。

事業者などは、会社の決算書や事業計画などが、
審査には必要な内容ですが、個人では、
信用情報と収入、月々の返済額が要因になります。
 

審査の甘さで言うと

銀行では、事業資金調達としても厳しい内容ですが、
取引銀行などの場合は、考慮があります。

しかし、融資額などに関しては、厳しい見方もあり、
即資金調達をしたい場合は、銀行の審査の長さが、
障害になることもあります。

そこで、消費者金融や不動産担保ローン専用業者の存在ですが、
審査の甘さもありますが、
審査スピードが早いことで、注目されています。

即日の審査結果もあり、すぐに資金がほしい、
借金のめどを付けたい時には、高い利便性があります。

信用に関しては、それぞれの基準がありますが、
消費者金融でいうと、甘い審査 の融資を提供しているところでは、
資金は、すぐに手に入れることができます。

ただし、この場合は、金利は高めであり、
返済に考慮して、決定することが不可欠です。
 

審査が甘い、注意も必要

大口融資ができる不動産担保ローンですが、
審査の甘さと、金利の高さは比例します。

必ず返済額の確認をするとともに、
抵当権の書き換えの際にかかる、事務手数料などの確認も必要です。

ブラックでも借りられることは多い、甘い審査は歓迎ですが、
最終的に支払う返済が多額になってしまって、途中返済ができない、
返済遅延が続くことで、不動産を失う危険もあります。

返済能力は確認するのですが、ここは注意が必要であり、
スピード融資で、甘い審査の不動産担保ローンに関しては、
評判などの口コミも、見てから決めてください。

インターネットに登場する、
不動産担保ローン専用業者では、全国対応で申し込みができます。

上限金利もあまり高くなく、評判の良い日宝、
つばさコーポレーションなどが、おなじみです。