不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローンなら借りることができる?

2018年03月22日 17時06分

多くの人は不動産を担保にするのだから、
お金を確実に借りることができると、考えることでしょう。

しかし実際はそれほど甘くはありません。

個人や個人事業主、さらには小規模な法人経営者であれば、
不動産担保ローンに行き着くまでに、
様々なローンを、利用してきたのではないでしょうか。

中には債務の返済中という人もいることでしょう。

そうなれば、その人の属性は、
かなり低くなっていることが、予想されます。

ですから、通常のローンでは、
どこも、審査落ちをしているような状況ではないでしょうか。

実際にそうなってしまうと、不動産担保ローンも、
なかなか借りづらくなるのが、正直なところでしょう。

しかし、担保も保証人もない通常のカードローンでしたら、
ある意味、機械的な審査が行われます。

スコアリングという属性を構成する、
一つ一つの項目を、数値化したものです。

このポイントによって、審査に落ちるか、通過するかが決まるのですから、
属性は少しでも、普段から上げる努力をしておきたいものです。

それに比べて、不動産担保ローンの審査は、
いくらか、アナログ的となっているようです。

保証人設定ができる場合もありますし、
不動産担保の物件によっては、かなりの融資が期待できますし、
反対に、あまり期待できないケースもあるようです。

評価額などによって、融資額が決まると考える人が多いようですが、
評価額は路線価などによって、
決まった価格と、なっているのです。

銀行や消費者金融会社など、融資をする側としては、
貸し倒れになった場合に、その不動産物件が、
評価額通りに売れるのかが、ポイントになるのです。

ローンの焦げ付きと、不動産物件も売れないということになると、
銀行や、消費者金融会社も、かなりの損失になります。

不動産担保ローンといえども、
融資には、慎重にならなくてはいけないのです。

また、通常のカードローンなど、
他社借入れがある場合は、審査落ちする場合があるので、
その点にも、注意をしておいたほうがいいでしょう。

また、属性が低い人の場合は、返済能力など、
現在の返済状況なども、細かく審査されるでしょう。

他社借入れが多く明らかに多重債務であれば、
ローンといえども、審査落ちする可能性も高くなりそうです。

いずれにしても、不動産担保ローンは金額も高額になるので、
金利も低く、設定してくれるでしょう。

できるだけ銀行などの金融機関で、借りるほうがいいです。

消費者金融会社でしたら、どうしても金利が高くなるので、
それだけ利息がかさんでしまうからです。

借入れ金額は、利用者の言い値よりも、路線価や、
固定資産の評価額によって、決まるケースが多くなるので、
あらかじめ注意が必要です。。