不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローンの選び方

2016年11月15日 17時08分

不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンは、自分名義の不動産だけではなく、両親や配偶者の他人名義でも、担保提供の医師があれば利用ができ、他に消費者金融などのローンがあっても借りられます。
不動産なら何でも良いのではなく。担保価値が評価され、範囲内での融資となります。
借り手が返済困難になった時も、担保の存在が貸し手のリスクを軽減することで、無担保ローンよりメリットが多いです。
このようなメリットが多いので、大口の融資をしたい借り手や事業者にしてみれば、無担保ローンよりも不動産担保ローンを選ぶ方も多いのです。

現在、不動産担保ローンを取り扱う金融機関は、銀行系とノンバンク系に大別できます。
どちらを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを理解することが大切です。
 

銀行系

金利が低いのが特徴ですが、審査は厳しく、抵当権の設定などの手続きも多く、融資実行までに時間もかかります。
また、融資金額も低めの設定しているところが多く、大口融資そのものに対応していない場合が多いです。
ただ、ネームバリューの信用に関しては、融資会社よりも信頼度は大きく、安心感はあります。
 

ノンバンク系

スピーディな融資が期待でき、審査も甘く、不動産の評価額によっては大口融資にも積極的です。
ただ金利は銀行系よりも高く、長期返済になると負担は大きくなります。
きちんとした返済計画の元では、利用価値が高い不動産担保ローンになります。

このような特徴があるのですが、どこをポイントとして選ぶかが大切です。
借入金が高くなくてはならないのか、いち早く資金がほしいのか、余裕のある返済をしたいかなど、不動産担保ローンで得ることができる資金について、確認することで、自ずとどちらの金融機関が有利かが決まります。