不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローンの借り換え審査は一般的に厳しい

2016年12月19日 13時25分

住宅ローンの経験のある方で、借り換えをご存知の方も多いことでしょう。
金利が安い新しい住宅ローンに変えることを言いますが、不動産担保ローンも同じ用に借り換えができます。

住宅ローンにしても不動産担保ローンにしても、共通していることは、その時点で不動産は金融機関のものということです。
住宅ローンは完済まで抵当権が付いていますし、不動産担保ローンの場合はローン契約時に金融機関の抵当権が付きます。

不動産担保ローンの最初の契約のときには、審査なども通って、契約ができたのですから、順調な返済があれば、借り換えしたい不動産担保ローンにも契約ができるかもしれません。
ただ、一度できたから、借り換え後も大丈夫という保証はありません。

同じ金融機関内の別の商品の借り換えは原則としてできません。
必ず違う金融機関、金融業者との契約になりますが、その時に審査内容が大きく変わることになります。
例えば、現在A銀行での不動産担保ローンをしていたとします。
条件が良いB銀行の不動産担保ローンに借り換えしたいけれど、B銀行の審査はとても厳しいなどの理由があると、借り換えができないこともあります。

もちろんその時の返済能力にも関係しますが、金融機関が使用している保証会社、審査基準に準じてのローンですから、厳しい場合が多いです。
住宅ローンでも借り換えの段階では、審査が厳しいとされていますから、一応その点は押さえておくと良いかもしれません。