不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローンとは?借り換えができるローン

2016年12月19日 13時22分

不動産担保ローンとは、自分が所有する不動産を担保として融資を受けることを言います。
普通のキャッシングやカードローンと同じことですが、担保があることで、多額の融資が期待できます。
また、長期返済が原則ですから、低金利な点も特徴です。
消費者金融などでは対応していない事業用資金の調達もできます。
また、住宅ローンの返済をしながらでも、不動産担保ローンができる場合もあります。
ただし、この時にはいくつか条件があり、全てで可能ではありません。

このように不動産担保ローンは、使い勝手の良い融資が入手できることから、特に大口の資金調達には最適です。
ただし、返済ができない場合は、不動産がゼロになります。
そのことがあるからこそ、金融業者も貸付金を引き上げることができるのです。

ところで、この不動産担保ローンですが、金融機関によって金利が様々です。
低金利な点では共通しているのですが、その中でも1%、0.5%などの差で、返済額が変わることがあります。
例えば、1000万円の3%と言えば30万円ですが、1%ですと10万円です。
この差を長期返済で続けていくことから、負担は大きいです。

そこで、不動産担保ローンには借り換えができます。
これはA銀行の不動産担保ローンから、B銀行の不動産担保ローンに乗り換えをすることを言います。
金利が低ければ検討しても良いのですが、絶対にそこだけを見ないようにしましょう。
一応、検討材料として、金利差が大きい(後のローンの方が金利がとても低い)場合には、考えてみてください。