不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローン 事業資金

事業資金を用意できる不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産をお持ちの場合に担保とすることで開業資金や事業資金を調達できる商品です。
現在不動産担保ローンはさまざまな金融機関で扱っており、審査を受けて融資を受けられるようになればじっくりと資金繰りをすることができます。

例えば、三井住友信託銀行グループの三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの『不動産担保ローン(ビジネスコース)』の場合ですと1年以上、返済期間は最長で35年までと長期返済することができます。
不動産担保ローンで得た事業資金はさまざまな目的に活用でき、法人も個人事業主も融資を受けられます。

融資額は300万円から可能で、申し込みをして実際に事業資金を受け取れるまでの最短期間は、1週間と大変スピーディです。
融資限度額は10億円とまとまった資金調達が可能ですから、これから新規で事業を立ち上げる際はもちろんのこと、すでに運営している会社の事業拡大をしたいときにも活用できます。
新規で会社を立ち上げる場合、デスクやパソコン、ソフトウェアなど幅広い設備投資が必要となります。
計画的にやり繰りしていても意外な出費にあとから気が付くことも多々ありますので、不動産担保ローンで資金にゆとりを持てれば心強いでしょう。

金利は実質年率が15.00%、適用年率は3.90~7.40%です。
返済額を算出してみて、返済計画をしっかり立ててから手続きを行うようにしてください。

不動産担保ローンを利用するためには、十分な返済能力の有無を確認するために、銀行融資でもその他の場合でもまず審査を受けるところから始まります。
必要書類の提出が求められますので、申し込み前に準備をしておくと手続きがスムーズです。

三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの場合、代表者の方の本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要です。
法人の申し込みでは、商業登記簿謄本も求められます。

不動産担保ローンですので、担保とする不動産にその価値があるかの審査も行われますから、建物や土地の不動産登記簿謄本、建物図面、地積測量図、公図、住宅地図も用意します。
法務局で入手できますので、手配してください。
直近3期分の確定申告書や決算書は、収入確認のために用意します。

必要書類は各不動産担保ローンで多少異なるでしょうから、申し込みをする金融機関で確認してください。

不動産担保ローンが役立つ開業資金の例

2017年05月26日 18時16分

新しく開業するとき、必要になる事業資金はいろいろあります。 開業の場所となるお店やオフィスは、賃貸費用が発生します。 選んだ物件があまり改装しなくても利用できる場合は安く抑えることができますが、外…

不動産担保ローンと似ているビジネスローンとは

2017年05月26日 18時17分

事業資金を借入れするとき、不動産担保ローン以外にも金融機関ではさまざまな商品を展開しています。 そのうちの一つが、ビジネスローンです。 不動産担保ローンは担保にできる不動産が必要になりますが、ビジ…

大手に審査落ちしたら不動産担保ローン専門業者

2017年05月26日 18時19分

不動産担保ローンはさまざまな金融機関で扱っていますが、どこに申し込んでも絶対に審査に通り事業資金を借りられるというわけではありません。 不動産担保ローンを扱う大手というと、銀行や銀行系ローン会社です…

不動産担保ローンの内訳となる資金の種類

2017年05月26日 18時21分

不動産担保ローンで融資を受けられるようにするためには、返済計画をしっかりと立てることが審査に好印象となります。 不動産担保ローンで準備できた事業資金がどのような種類の目的に利用するのか割り出せれば、…