不動産担保ローン.NET【即日・ノンバンク】ノンバンクなら審査通りやすい

不動産担保ローンで資金調達を考えている経営者の方も多いのではないでしょうか?銀行は貸し渋りで融資が厳しい、ならばノンバンクはどうでしょうか?気になるのは金利でしょうが、低金利のノンバンクの不動産担保ローンもあります。

不動産担保ローン 日宝

2018年04月03日 17時47分

  1. 不動産担保ローンの日宝の審査は甘い?
  2. 消費者金融とは違う審査 信用情報がブラックでも大丈夫?
  3. 公式サイトに見る審査基準の甘さ
  4. 日宝の審査はコレだけしっかりしている
  5. 低額の借入にも対応 その時に気をつけたいこと

 

不動産担保ローンの日宝の審査は甘い?

不動産担保ローンの日宝では、法人・個人による貸付を行うこの業界では老舗です。
不動産担保ローン、住宅購入ローン、フリーローンなどが、商品です。
 

注目は審査

誠実な対応はもちろんですが、審査スピードが早いだけではなく、銀行のような厳しい審査内容ではないことが挙げられます。限度額が、平気で億以上に設定されていることから、事業融資を受ける事業者も多いです。

信頼が大きいだけではなく、全国に名前が知られていることから利用者はとても多いです。
 

 

気になる金利

不動産担保ローンは、4.0~9.9%という低金利です。
返済期間最長、30年という設定。
経営者にとっては、不動産担保ローン限度額5億というのも魅力的な数字です。

これが個人にも対応ということで、消費者金融からのキャッシングではなく、不動産担保ローンでお金を作るのもオススメです。
銀行カードローンでも低金利ですが、審査が通らない方に大きなお金が必要なら、日宝はオススメです。
 

消費者金融よりも断然お得

消費者金融にいたっては、審査の甘い中小消費者金融の不動産担保ローンも気になります。
しかし、審査の甘さが金利に上乗せの形になることから、不動産担保になる不動産担保をお持ちなら、日宝に相談をしてみてください。もし審査通過ができれば、金利面でのメリットは大きいです。

個人事業主なども、審査が難しい金融業者ではなく、日宝のような不動産担保ローン専門業者の融資が良いです。ちなみに、不動産担保ローンの資金は使途自由であり、開業資金などにも使用することができます。
 

 

不動産担保ローンの考え方

不動産の担保価値で、第一のチェック項目です。
これは、不動産担保ローンの審査要件として大きいです。

例えば、年収が高いとしても、資産価値のない評価額が低い不動産では、借入金が下がります。
反対に、ある程度の収入があれば、高い評価額の不動産担保ローンの契約ができるということです。

長年多くの、不動産担保ローンの実績を持つ日宝では、主に不動産の価値に重きをおくことで借入サービスをしています。インターネット申し込みもでき、融資商品の相談、法人では事業運転資金の相談などもできますので、お気軽に問い合わせができます。
 

フリーローンもある

一応、フリーローンもあります。

金融会社として、どの商品が向いているか?
審査の過程で決まることですが、こちらは消費者金融フリーローン並の高い金利になります。
それでも、担保になる得る物件があることが条件になり、審査内容の甘さは期待しても良いかもしれません。

担保がある方で資金がほしい方は、とにかく相談です。
安心して借入、申し込みができる業者です。
 
▲メニューに戻る
 
 

消費者金融とは違う審査 信用情報がブラックでも大丈夫?

日宝のキャッシングは、不動産担保ローンが主流です。

それぞれの審査については、担保ローンで言えば、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングに比較をすると、甘いとされると評判です。
 

担保価値について

消費者金融などでは、個人信用情報の内容がポイントになります。
しかし、不動産担保ローンでは不動産の価値、物件の評価額が問題です。

会社にしても、不動産担保ローンを運転資金としている場合がありますが、どの程度の価値があるかで融資額が決まります。また、評価額の変動で途中で限度額が変わることも予想されます。
借入の基本は、不動産担保の6割前後です。

もし、評価額が極端に下がることであれば、追加担保や強制返済などの必要があります。
事業融資としても、安定的なキャッシングをしたい場合、評価額の変動などは常に頭に入れることも必要です。

最初に差し出した物件の評価額、日宝独自のものになります。
全国対応の金融会社ですが、その地域の評価が低いと借りられない場合もあります。
 

 

信用情報はどうなの?

もちろん条件としては、消費者金融同様に個人信用情報も審査に入ります。
可否まとめの情報などでは、比較的審査内容は甘いとされています。

例えば、多重債務者で、日宝に不動産担保ローンで多重債務完済のまとめローンをしたい。
普通で行けばまとめローンの金融商品は、多重債務であることで審査通過ができない場合があります。
不動産担保ローンの場合は、新規のキャッシングでないことで、審査に通ることもあります。

日宝の評判では、ブラック対応の声も聞かれます。
甘い審査は一応期待ですが、それも評価額次第ということです。
 

公式サイトにある3つのローン

不動産担保ローン、フリーローン、住宅購入ローンがあります。

不動産を担保にできる、不動産担保ローンの最高金利は、9.9%です。
住宅購入ローンは、銀行融資が受けられない方などでも、5億円まで対応しますが銀行よりは金利は高いです。

どうしても審査の甘さと、金利の高さは比例してしまうのですが、不動産があればなんとか資金が調達できるのが、不動産担保ローン専門業者です。その中でも日宝は、信頼が厚く、比較的借りやすい金融業者と口コミでは評判が高いです。

事業融資としてビジネスローンではなく、不動産担保ローンで対応することで返済負担も小さくできます。
使途自由であり、個人事業主などにもオススメです。
物件については全国対応ですから、気軽に相談ができます。

もし、他社で断られた方、信用情報でいまいち自信がない方でも、日宝でも借入の可能性があります。
 
▲メニューに戻る
 
 

公式サイトに見る審査基準の甘さ

日宝の公式サイトのQ&Aを確認すると、信用情報が多少悪くても、借入ができる可能性を見つけることができました。
 

競売中の物件でも融資が可能?

その回答で、可能とあります。
競売に至る経緯で債務整理などの場合、日宝に声をかけてみてください。
債務整理前ですと、もっと良いかもしれませんが、キャッシングや消費者金融の借金の、まとめローンの対象になる不動産担保ローンでは、信用情報で金融事故があるとしても、融資対象になる可能性が、ある発言です。

ただし、あくまでも物件の評価額の圏内ですが、競売になると市場価格より大幅に下がります。
もし、日宝の価格が高いのであり、融資ができるのなら借金状況が大きく変わる方もいます。

 

 

売却中の融資について

現在、なんとお金がほしいと、不動産売却を考えている。

もし、それが借金返済のためだとしたら、日宝に電話をしてください。
これもまとめローンの対象ですが、売却しなくても良いか、売却中で売れていないけれど、融資対象になります。
 

親の不動産で不動産担保ローンは可能か?

これは、多くの不動産担保ローンでも対応しています。
借入が、本人の不動産担保である必要はないのです。

借地権のある不動産で、地主の承諾がない場合でも、融資の相談ができます。
要するに、他人の土地であったとしても、承諾があれば可能です。

ただし、この場合は保証人が必要な場合があります。
審査では、たとえブラックだとしても、評価額に対しての借入ですが、保証人があると返済ができないことで、多大な迷惑をかける危険性があります。そこは慎重な検討が必要ですが、日宝としては書類が揃い、保証人が存在することで、契約が可能になります。
 

 

債務整理中の不動産担保ローン

なんと、これも可能です。
自己破産などでブラックリストでも不動産があり、保証人は必要ですが借入ができます。
この場合も、最悪返済ができないときには、保証人に請求が行きますが、不動産を喪失ということで返済義務がなくなります住んでいる家であれば、由々しき事態ですが、ブラック期間の借入ができるのは嬉しい対応。
さすがは、甘い審査の日宝です。

いずれも、簡単に質問と回答での内容ですが、少なくとも、現在あちこちの金融機関から借入ができない方でも、土地さえあればなんとかなるという希望が見えます。
 

日宝の審査落ち

日宝でも、審査落ちはあります。

担保価値がない、経営者だけではなく事業資金ですと、返済ができそうもないと判断されることです。
ブラックリストの場合、担保価値以上の負債を抱えている。
会社の勤続年数が短い、事業資金ですと運転期間が短い。
そして、固定資産税が未納である。

借入ができないハードルとして、決して高くはないのですが、債務整理中はOKでも、多額の借金をかかえたままの多重債務者は怪しいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
 

日宝の審査はコレだけしっかりしている

日宝の不動産担保ローンの、可否まとめです。
公式サイトにもありますが、ブラックでも対応が期待できます。
 

こんな条件でも可決

現在、多重債務、債務整理をしようか迷っている段階で、すでに消費者金融が審査落ちの方でも対応してくれます。原則的に日宝の不動産担保ローンは保証人不要ですが、ブラックでは保証人がいれば借りられることがあります。

ですから、消費者金融やキャッシングよりも金利が低い、日宝の不動産担保ローンに借り換えをすることで、返済負担を小さくすることができます。債務整理中の方の、不動産担保ローンもできます。

よって、多額の多重債務の場合は、一度、債務整理をしてからの不動産担保ローンの方が、負担も小さくなります。金融事故は付きますが、不動産担保ローンに関しては、物件の評価額が問題になります。
 

 

事業融資でいう赤字決算

個人では信用情報の金融事故になりますが、事業者の場合は決算が赤い場合です。
日宝では、事業計画や返済計画で立てられることで、赤字決算の会社でも不動産担保ローンの審査に通ることがあります。その際に、経営者に対しての厳しい審査ではなく、事業内容や返済のめどが付くことが必要です。

30年間の最長返済ができますが、ある程度のめどが付く借金であることは必要です。
ファクタリングよりもずっと金利や手数料も低いので、運転資金の調達法としての不動産担保ローンがオススメになります。
 

やっぱりダメ

日宝では、信用情報と申込情報に明らかな違いがある場合は、審査に通らないです。
多重債務の金額のごまかし、ダミー会社の使用など、悪質な虚偽の申し込みに関しては審査は通らないとされています。犯罪に巻き込まれるような、デンジャラスな申し込みなどにも審査が入ります。

融資商品の上限は億以上のもので、簡単に騙すということは絶対にできません。
多重債務でも、正直にかくことです。
 

多重債務者はOKと聞いたけれど

これは、多重債務にも限度があるということです。

返済ができない多額の借金に対して、収入が低い、物件の評価額が足りないなどの事情も、審査に通らないことがあります。10年前に1000万円で購入しても、現在は1000万円ではない場合もあります。
また、評価額が1000万円だとしても、1000万円の借入ができるわけではないので、注意してください。

無茶な信用情報でも、借入ができない場合があります。
事業にしても、個人でも長期延滞があるとか、会社的に信用がない。
意味不明な存在も怪しい会社などでは、簡単に借りられないのです。

スピード審査の日宝ですが、確認するところはきちんと見ますので、甘い審査だからなんでも貸してくれると思うのは甘いです。きちんと正直申請で、相談をしてください。少なくとも、ブラックの申し込みには対応、これは確かなようです。
 
▲メニューに戻る
 
 

低額の借入にも対応 その時に気をつけたいこと

不動産担保ローンの大手の日宝では、最低借入金が50万円です。
不動産担保ローンの金利で行くと、9.9%ですが、低金利で人気になっています。
ただし必ずすべての手数料も計算をすることが必要になります。

要するに、消費者金融やカードローンは無担保で、手数料などはかからない分提示された金利ですが、不動産担保ローンの場合は抵当権などの書き換えで、相当分の手数料があります。
 

低額の借入だと消費者金融と変わらない?

日宝の50万円の借入では、金利が消費者金融と大差がない場合がありますが、もし信用情報で金融事故などがある方は、中小消費者金融でしか借入ができないかもしれません。

そうなると、金利は18~20%近くなることで、やはり日宝の方が返済額がちいさくなることがあります。
中小消費者金融か日宝か、特にブラックは迷うところです。
 

 

原則的に大きなお金が多い?

不動産担保ローンというと、経営者が事業融資のために何千万とか、事業者がビジネスローンではなく、不動産担保ローンで資金を作るというイメージです。

しかし、日宝では法人も個人も対応、個人事業主の申し込みもOKです。
使途自由であり、返済も最長30年ということで余裕のある返済ができます。
会社としても、老舗不動産担保ローン業者として信頼も厚く、多くのブラックにも借入をしているところです。

キャッシングとは違い返済不能になれば、すぐに担保没収という強みがあることが余裕の資金提供です。
多少の信用情報の内容は加味しないことで、ファクタリングなどと比較をする会社も多いです。
 

スピード審査が売り

日宝ではすぐに結果が出ます。

ファクタリングも早い資金作りが可能ですが、会社としてはどちら優位なのかは確認しておくことも必要です。
個人でブラック対応と聞けば、事業者に対しての審査も期待ができます。

日宝の他に、つばさコーポレーション、ビジネスパートナーなども、甘い審査の不動産担保ローンができます。
同時に、申し込みや見積もりの可能でしょう。公式サイトにあるように借りやすい内容、口コミなどでも不動産担保ローンで楽に返済ができると好評です。多重債務などはまとめローンとして、まとまった資金がほしい時、信用情報などが自信がない方でも、相談だけしてみてください。

収入が安定していること、物件にある程度の価値があることが不可欠です。
日宝は、インターネット申し込みができる全国対応の業者です。
問い合わせだけでもしておくと、いざというときに使いやすいでしょう。
 
▲メニューに戻る